食べる、生きる、つなぐ 手良小屋(てらこや)

企画セミナー

特別企画 天照大御神の託宣書写会

こんにちは、横浜のてらこの魔法の筆文字教室です。

写経って、ご存知の方の多いと思います。
そして、今は、御朱印同様にブームでしょうかね。
探さなければ見つからなかった、下敷きが100円ショップでも
売っていますね。

御経は書き写すけど、祝詞を書くなんて考えてもない
方が多いと思います。

私は3年近く小野先生の勉強会に参加してきました。
何度もこの託宣の事は聞いていたのに、3回目にして心にビリビリきました。
私は、書きたい、これを文字にしたい。と衝撃を受けました。

祝詞を奏上しても気持ちが祓われます、書いたら、もっと
祓い清めがあると思います。
祝詞は神職さんだけのものでは有りません。私達も清め祓いで、
世の中をもっと元気にして行きましょう。

宝基本期 天照大御神の託宣
人は乃ち天下の神物なり  須く静謐を掌るべし
心は乃ち神明の主なり  心神を傷る莫かれ
神は垂るるに 祈祷を以て先と為し
冥は加ふるに正直をもって本と為す

意味は
私達は大宇宙の中の神聖な存在ですから、心は
穏やかにして慎み深く生活しなくてはなりません。
自らの心に神様は宿っているのでありますから
その心の神様を我欲我見の異心によって絶対に
傷を付けてはならないのです。
神様のご加護を得るためには、何よりも欲得の
すべてを抛った一心不乱の祈りであり、また
まっすぐ清らかな心こそが大事であります。

小野善一朗氏 著書 「あなたを幸せにする大祓詞」より抜粋

 

今は、自分の命は自分のものだけと思っているのか
ここ数年の自殺者の数は凄いものです。
命とはなんでしょうか。
いただいた命は神聖なものなのです。
この託宣を何度も読むと、意味はそんなに分からなくても
何か来るものがあります。

といいながら、私も3回聞かないと気付かなかったのですが。

是非とも、一緒に書いてみませんか。
伝筆は、上手とかヘタとかは問いません。
心を伝えるのが、伝筆(つてふで)です。
書いて心の豊かになりましょう

見本を見て書くのではなく、今回は写して書きます。
写経のようにです。なので、どなたでも書けます、
下敷きをなぞります。
そして、書ける方は、それをみて書いてください。

心の祓い浄化になります。

これを機会に何度となく開催して行こうと思っています。
小野先生の横浜勉強会の後にも開催を考えています。

【講師】 埋橋 眞弓(伝筆(つてふで)協会公認講師)
【費用】 2,000円(税込)
手良小屋会員は半額になります。
下敷き、見本、台紙、額付き
【持ちもの】 ・極細の筆ペン お持ちのでもOK
・会場でもぺんてるの極細ペンXFL2Fが購入できます

 

日程と開催場所

2017年 11月 10日(金) 時間:15時〜17時
場所:横浜市南区 手良小屋
2017年 12月  1日(金) 時間:14時〜16時
場所:県民サポートS 602室
2018年  1月  5日(金) 時間:14時〜16時
場所:県民サポートS 603室

★お申し込みは3日までにお願いします。

 

予約・申込みフォーム

お申し込み・お問合わせはこちらから。
は必須項目です。
ご入力いただきました個人情報は、厳重に管理の上、講座実施に係わるご連絡以外には使用いたしません。

講座選択

ご希望の日時の講座をお選びください。変更があることをご了承ください。

お名前
ふりがな
年齢
性別
メールアドレス
ご住所
携帯電話番号

どうしてもメールが届かない場合など、緊急時のみ使用します。

魔法の筆文字(伝筆)を
何で知りましたか?

その他:
セミナー受講の動機は
なんでしょう
お問合せ等

こちらの内容で正しければ「送信する」ボタンを
修正するのであれば「戻る」ボタンをクリックして下さい。

pagetop